製品情報

熱中症指標計《産業衛生用》
WBGT-213AN/213BN

日本産業衛生学会は、温熱ストレスによる健康障害を予防するための指標として勧告。
熱中症予防のひとつとして、WBGTが手軽に測定できるハンディ形熱中症指標計です。

■JIS B7922適合品

見積もり依頼

特長

  • さまざまな職場環境において熱中症予防のための指標、WBGT値(湿球黒球温度)を測定できます。
  • 持ち運び便利なポータブルタイプで、いつでもどこでもWBGT値を測定できます。
  • アラーム機能も搭載しています。
  • 標準付属の三脚用アタッチメントを使用すれば簡易的な定置測定も可能です。

仕様

製品名 熱中症指標計(産業衛生用)
型式 WBGT-213AN / -213BN
測定範囲 WBGT:0 ~ 50℃
気温:0 ~ 50℃
相対湿度:10 ~ 90%RH
黒球温度:0 ~ 80℃
精度範囲 (自然通風 環境下にて) WBGT:±2.0℃ (15~40℃)
気温:±1.0℃ (20~50℃)
相対湿度:±3.0% (30~90%RH)
黒球温度:±1.0℃ (20~60℃)
機能 アラーム:あり
メモリ:(213AN)なし/(213BN)あり
通信:(213AN)なし/(213BN)あり
IoT無線ユニット接続:(213AN)不可/(213BN)可
電源 単4×2(1.5V アルカリ乾電池)
外形寸法 240(W)×40(D)×32(H)mm
質量 約115g(電池含む)
付属品 携帯用ケース:1個
アルカリ単四乾電池:2本
取扱説明書:1部
三脚取り付けアタッチメント(ネジ付):1個
定価(税別) (213AN)33,000円/(213BN)50,000円

ダウンロード

関連情報

STOP!熱中症 クールワークキャンペーン

厚生労働省はJIS適合品を活用して「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を行います。
詳細は下記のリンクをご覧ください。

新たに「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施します(厚生労働省)

WBGT熱ストレス指数の基準値(各条件に対応した基準値)

日本産業衛生学会は、暑熱環境下での労働作業において、温熱ストレスによる
健康障害を予防する為に、WBGT を指標とした高温の許容範囲を定め、WBGT値で
管理することを勧告しています。
*「許容温度等の勧告(1990).V.高温の許容基準」:日本産業衛生学会
WBGT-213ANは、アラーム機能を搭載し手軽にWBGTが測定できる汎用モデルです。
WBGT-213BNは、アラーム機能に加え、測定データメモリ機能、通信機能を搭載した多機能モデルとなっています。

厚生労働省 基案発第0729001号「熱中症の予防対策におけるWBGTの活用について」より抜粋
熱に順化していない人とは、「作業する前の週に毎日熱にばく露されていなかった人」をいう。

中災防ホームページはこちら

お問い合わせ先

ミドリ安全株式会社 セフティ&ヘルス統括部 営業部
〒150-8445 東京都渋谷区広尾5-4-3
TEL 03-3442-8294 (代) 
FAX 03-5475-2572
ミドリ安全「熱中症指標計」販売サイト

中央労働災害防止協会 事業推進部(受注専用)
中央労働災害防止協会では、熱中症予防キャンペーンの一環として、熱中症指標計WBGT-213BNを活用した暑熱環境における熱中症予防対策を応援しています。
〒108-0014 東京都港区芝5-35-1
TEL 03-3452-6401
中央労働災害防止協会「熱中症指標計」販売サイト

標準規格

JIS B7922 電子式湿球黒球温度(WBGT)指数計


オプション

カタログ

■総合カタログ.pdf

■予算申請カタログ.pdf

■熱中症指標計 WBGT-200 シリーズ.pdf

※ダウンロードには、お名前(姓/名)・メールアドレス等のご入力が必要となりますのでご了承ください。

個人情報保護とCookieの使用について

当サイトでは、お客さまにより快適にウェブサイトをご利用いただくためCookieを使用させていただくことがあります。当サイトをご覧いただく際は、Cookieの使用に同意ください。
また、このままサイトを閲覧し続けた場合もCookieの使用に同意したとみなします。
ブラウザの設定により、Cookieの受信を拒否することが可能です。