製品情報

レーザフラッシュ法 熱物性測定装置
LFA-502

産業技術総合研究所の技術指導にもとづく熱拡散率の高精度測定装置。
JIS R1611-2010「ファインセラミックスのフラッシュ法による熱拡散率・比熱容量・熱伝導率の測定方法」に準拠。

見積もり依頼

特長

  • 高熱伝導性セラミックスの開発・性能評価・品質管理等における熱物性値の測定。

熱伝導率の測定は、比熱容量と熱拡散率から計算により求めます。
比熱容量の測定は、上記JISにて記載されているレーザーフラッシュによる「示差方式」により測定できます。

  • 金属・セラミックス・半導体・炭素系素材等の熱拡散率の高精度測定。

仕様

製品名 レーザフラッシュ法 熱物性測定装置
型式 LFA-502
測定対象 セラミックス,金属
試料サイズ φ5mm,φ10mmまたは5mm角,10mm角,厚さ:1 ~ 3mm (試料によって異なる)
測定項目 熱拡散率,比熱容量,熱伝導率 (計算による)
測定範囲 熱拡散率: ~120mm2/s
測定精度
(繰返し精度)
熱拡散率: CV値で±2%以内
比熱容量: CV値で±3%以内
熱伝導率: CV値で±5%以内
測定温度範囲 室温~1500℃
パルスレーザ Nd-YAG 1.06μm
電源 単相AC200V/4kW 、AC100V/1kW
外形寸法 1250(W) x 710(D) x 2060(H)mm
質量 本体:約300kg

標準規格

ISO 22007-4 プラスチック-熱伝導率及び熱拡散係数の求め方-第4部:レーザフラッシュ法


JIS H8453 遮熱コーティングの熱伝導率測定方法


JIS R1611 ファインセラミックスのフラッシュ法による熱拡散率・比熱容量・熱伝導率の測定方法


JIS R1667 長繊維強化セラミックス複合材料のレーザフラッシュ法による熱拡散率測定方法


カタログ

■総合カタログ.pdf

■予算申請カタログ.pdf

■レーザフラッシュ法 熱物性測定装置 LFA-502.pdf

※ダウンロードには、お名前(姓/名)・メールアドレス等のご入力が必要となりますのでご了承ください。

個人情報保護とCookieの使用について

当サイトでは、お客さまにより快適にウェブサイトをご利用いただくためCookieを使用させていただくことがあります。当サイトをご覧いただく際は、Cookieの使用に同意ください。
また、このままサイトを閲覧し続けた場合もCookieの使用に同意したとみなします。
ブラウザの設定により、Cookieの受信を拒否することが可能です。